学芸員という生き物について

骨折り損のくたびれもうけを地で行く生き方しかできないみたいだ

打合せばかりの日々

展覧会が近くなってくると、どうしても打合せやら打合せやら打合せが続くことになる。これはこれで本当につらい。人に会えるのはまだいいのだが、それまでの準備とか資料の確認とかそういう細かいのが積もっていくのがめんどくさい。

げふん。

あっはい、お仕事楽しいです。頑張ります。

終わってもちゃんと記録作って回覧しててのを準備の隙間時間でぴゃーっとやっていかなきゃならない。今日は書いてたら「これお願いします」と校正依頼の広報物がどっさりと積まれてしまった。

ちょっとやめないかそういうのは!

泣きたくなるがこれも仕事なんだよね。とほほ。残業か。