学芸員という生き物について

骨折り損のくたびれもうけを地で行く生き方しかできないみたいだ

独自ルールおじさん

受付の人から独自ルールおじさんが来た話を聞く。

また、である。

独自ルールおじさんとは、早い話「ええねんええねん、俺はマスクしなくてもええねん」という人である。なぜか高齢の男性に多く、対応に苦慮する場合が多い。

そもそも話が通じない。

新型コロナウイルスの予防、感染拡大防止策としてマスク着用をお願いしているが、独自ルールおじさんにかかれば「暑いからええねん」「なんでやねん」「みんな騒ぎすぎや、風邪みたいなもんやろ」「なんでわざわざそんなのせなアカンのや」という感じで全否定である。説明を聞く気すらない。

全くもって意味がない。

公共施設に勤めていると、そういう人が一定数いることに改めて気づく。そういう方がいるので「マスク着用をお願いします」的看板を作るという余計な仕事が増えるが、そういう人はそのような看板を見ないし、見ても全否定なのでどうしようもないのだ。

どうしたらいいのか分からない。

退館させようにも公共施設だからその辺割と大変だし。これから秋の行楽シーズンが近づくけど、こんな感じの独自ルールおじさんがあちこちに出てきそう。ため息しか出ない。

気の緩み以前の問題。