学芸員という生き物について

骨折り損のくたびれもうけを地で行く生き方しかできないみたいだ

嫌われ者

どうやら、監視員に嫌われたらしい。

こないだのイベントごとでうまい具合に人間の誘導をできず、現場各所に負担がかかってしまった結果だから当然か。こちらの見込みよりはるかに多くの客が入ってしまい、それにうまく対応できなかったわたしのミスである。

というか、当日の流れや動きを事前に机上で確認しておけばよかった。

そんなわけで、疲弊した監視員から嫌われ、以前よりも口をきいてもらえなくなってしまった。自らまいた種だとはいえ、正直しんどい。『ミュージアムの女』シリーズのような関係性が築けたら、と理想を挙げても仕方ないが、あそこまで出来たらいいなと思う。

信頼回復するには時間がかかるだろうな、針の筵で凹んでしまうわ…。