学芸員という生き物について

骨折り損のくたびれもうけを地で行く生き方しかできないみたいだ

巻き込まないで…

別部署で微妙に炎上しているプロジェクトがあるらしく、どうやらそこに人員として投入・継ぎ込まれそうな雰囲気が微レ存。

やめてくれ、どうして自分の仕事で手一杯なのに、それ以外のところに仕事をさせようとするのか。

だいたい、向こうの軸がスケジュール管理できてないからそうなるわけで、大量の作成物があるのになぜに会期ぎりぎりで取り組むのか。正直理解が追い付かないんだけど、そういう時に限って巻き込まれるからなおさら腹が立つ。

何やねんいったい、ていう感じ。

手伝った分向こうが返してくれるならいいけど、お礼だけで終わることがしょっちゅうある。そういうのだったらやりたくない。しかし上司の命令で行けと言われたら行かなきゃならない。この非対称性をどうにかしないと話が始まらないんだけど。

仕事がこれ以上増えるの嫌なんだよ。