学芸員という生き物について

骨折り損のくたびれもうけを地で行く生き方しかできないみたいだ

パソコン持って行っても意味なかったじゃんか!

他館の事務室で連携に関しての打ち合わせ。

博物館と地方再生: 市民・自治体・企業・地域との連携

博物館と地方再生: 市民・自治体・企業・地域との連携

 

まあよくある博物館同士の、っていうやつ。ただ、所管している部署が違ったり、性格自体が異なる場合もあるから、簡単に連携しましょう!そうしましょう!で話が進むことはほとんどと言っていいほどない。問題となるのはだいたいお金の出所と分担、そしてそもそも「何をするか」という大事な話。これはどこの職場、博物館業界以外でも同じだと思う。

そのためにちまちました打合せを繰り返したり、関係方面に頭下げに行ったり話を通しに行ったりするわけで。そこで必要となるのがやはり記録用の機材とパソコン。

でも…

打ち合わせの記録用としてMacBook Airをカバンに入れて持って行ったんだけど、結局出さなかったというね、悲しいことが起こりました。出すタイミングがなかったんです…たまにあるでしょ、ついたらすぐに打合せ始めるとかいうの。それがまさに起きてしまって、カバンを開ける前に始まって、メモ帳というか手帳を取り出すので精一杯。Mac、そのままに…

ああ。

なんでや!重いもの運んで疲れただけじゃないか!しっかりしろ自分!って言い聞かせたときにはすでに遅し。打合せあっという間に中盤で大事な話がどんどん出てきてメモでいっぱいいっぱい。どうしてこうなった…打合せ後に議事録作るんだけど、もうメモ帳を必死で読みながら書き出して作成。

ただ、できた議事録を先方に送ったら特に問題もなかったようなのでメモ帳でも何とかなったもよう。手間が増えるくらい。こうなるんだったら、やはりメモ用に手書き入力できるiPadとかそういうのがあった方が便利かなあなんて思ったりもするわけで。

gakuge-i.hatenablog.com

会議とか打合せの記録、もうちょっと簡素に作れるシステムをいい加減自分の中に構築しないとダメだな、重いもの持ち運ぶだけで体力失う損しかないな…と思った次第。考えなきゃなーいろいろ。

ワークショップ講師は疲れる、いやほんとに。

主に気疲れ。

参加者集めてワークショップを開催。もちろん講師を別途呼ぶようなお金はないので(予算として計上してない)、自分たちでできるものをする。「お金ない館」の当然のやり方で、そのため学芸員とは別に、妙にそういう工作スキルとかそういうのが身についていく。

違う業界で働けるような気もするんだけど、ただしこういうスキルが何に役立つのかはさっぱりわからない。

今回も講師を担当したんだけど、今回は本当に気疲れの度合いがひどかった。お父さんたちのプレッシャーがすごいのね。もう、ちょっとでも失敗したら「どうすんだよこれからよぉ」みたいに言われるんじゃないか、という恐怖。考えただけでもしんどいし、実際にそうなったこともあるから余計にしんどい。そういうものと戦ってると思ってください。

開催したワークショップはどうにか無事に成功して終わることができたけど、これで失敗してたら何言われてただろうか。そういう面で非常にあれこれ考えてしまうから終わった後はいつもぐったりしている。そういうのを普段からこなしている先生ってやっぱすごいなあと思う。小学生並みな感想だけど。

さて、これでしばらくは講師役はないはずなんだけど、カレンダーを見たら10月に4週かけて講師しなきゃいけないイベントがあることを思い出した。ああ、これの資料もまた作っていかないとだめか…おまけに、来週にもイベントがあって、講師じゃないけどリーダー的なことをしなきゃいけないっぽい。

おおう、時間と体力が持つかなこれ。

PCの排熱で部屋が熱くなる謎

Dell デスクトップパソコン Inspiron 3470 Core i5 ブラック 20Q23/Win10/8GB/1TB HDD

使っているデスクトップPCがスリープしても冷却ファンが回り続ける謎仕様で、どうやら内部のパーツ類にも通電して、発熱しているみたいで、その余波でどうも部屋が熱くなってしまっている模様。

これどうにかならないものか。というかどういう仕様だ。

これBIOSいじらないとだめなのか…S1にするかS3にするか、ってやつらしい。復帰が早いのがS1、ちょっと時間がかかるのがS3みたい。これまであんまり気にしてなかったけど、この夏のこともあるし電気代にも関わってくるかもしれないからS3にして様子を見ることにした。

ま、SSD積んでるマシンだし。

現状は仕方なくスリープではなく電源を切る方向にして対処してるけど、仕事の再開にも関わってくるし、早いうちに変更しようそうしよう。

…Windows機で原稿書いてないことがバレバレやな、あかんな。書かなきゃ。

なぜあなたは論文が書けないのか?

なぜあなたは論文が書けないのか?

 

う…すんませんすんません…

アンケート整理係

今日のお仕事:展覧会の感想アンケート集計入力

これで一日が終わる。というか全部終わらなかった。しかも毎日毎日新しいアンケート回答が届く。終わらないものが雪だるま式に増える。

この時期はいつもそう。ほかに人がいないから結果的にこちらにその仕事が回ってくる。別にそれをするために雇われたわけではないのに。こういうコザコザした仕事ばかりだけがどんどん積もっていく。

このアンケート結果が有効活用されたこともないのに、なんで取り続けなければならないのか嘆いていても状況が変わるわけではないから続けているけど、だんだんマイナス思考に支配されていくのがよくわかる。

来月あたりまでこの作業が続く。最近は結果をパソコンに入力するのに目が痛くなってきてしまった。目から頭へ疲れが移動しているのもわかる。自分の研究で起きるならまだしも、この作業で疲れるのはちょっと腑に落ちない。

どうにかならないものか。

ならないか。そういうものか。雑芸員だしな。

そろそろiPadを買ってもいいんじゃないだろうか

iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)

iPadが欲しい今日この頃。なんつっても、原稿書くのにMacbookAirを持ち歩くのがだんだんしんどくなってきているのが確実に年齢を重ねてしまったなという感じで少々つらい。

iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)

iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)

 

軽量化したい。

最近はカメラ機材もAPS-C機よりマイクロフォーサーズでいいんじゃなかろうか、っていう気分になってきている。ほら、あれも小さいけどよく写るし。資料用として撮影するのがほとんどだから、どちらかといえば被写界深度が深いほうがいい。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 ボディ ブラック 1605万画素  防塵 防滴  OM-D E-M5 BODY BLK

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 ボディ ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 BODY BLK

 

防塵防滴なのも魅力。

ボケは…ボケはまだまだ難しいよ…。

不用品処分してお金作ってるけど、なかなか購入までの金額を作るのは大変。そういうところでiPadが欲しいとか言い出しているからほんとに大丈夫なのか自分、とすら思う。フィギュア類を手放して、不要本を手放せばお金になるかな。iPad miniの中古くらい買えるくらいの資金は用意しておきたい。

この機に物理書籍から電子書籍に変えてみようかなとも思っているんだけど、専門書に限って電子化されないし、手持ちの専門書がすべて電子化されるとは限らないわけで。意外と読みにくいってのもある。この辺はもうちょっと時代が進むのを待つしかないか。待っても電子化されるとは限らないけれど。

あとは手書き(ペン使って)できるのもいいな。去年知り合いの学芸員が訪ねてきたときにペンとiPad使ってて、すごく便利そうだった。あれいいな、って思ったもん。ああいうの、中古でいいからほしいなあ。

ちなみに今はFireの7インチ使ってる。USBのコネクタがすぐにダメになってほんとに欠陥商品。修理に出すよりも新しいの買ったほうが安いんだろうな格安タブレットは。この部分が改善されればまだ使えるものになると思うんだけど。

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB - Newモデル

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB - Newモデル

 

 

はぁーあったらきっといい感じになるんだろうなーどこからか軍資金が出てこないかなあ。

残量:1TBになってしまった

NASの残容量が1TBを切ってしまった。フルHD画質の動画とかをそのまま放り込んでるからそうなってしまうのは当たり前か。編集する暇がないから撮ったままをそのまま。新鮮!鮮度が抜群!

 

肉か。

 

それはさておき、また追加でHDDを買わなきゃならない。不要なファイルを削除するのはもちろんなのだが、現状「不要なファイル」というものがないのでどうしようもない。今は4TBのHDDも割と安くなってきてるのかな?

今のNASにはHGSTの4TBが2本入ってて、RAID-X(netgear独自のRAID)でミラーリングモードにしてある。ここに1本足すべきか、もうちょっと奮発して2本足して充実させるか。お金があれば2本足すんだがなあ。

 

こればっかりはどうしようもないか。

 

しばらくは撮影動画の本数を減らして対応しようと思う。

小さく作らないで

キャプションを小さく小さく作って持ってきた企画会社の人。

頼むから大きく作って。デザイン的な部分もあるだろうけど、お願いだから文字大きくして。小さい方がかっこいいのわかるけど、うちに来られる人の大半が高齢の方だから。

そもそも読めないような文字の大きさのキャプション作らないで。

美術館によっては「ユニバーサルデザイン」とかいいつつ、こういうキャプション類は文字小さめにして「読めない!」的なものを出してるところとかもあるから「ユニバーサル()」ってなっちゃう。

作家の意向とかもあるんだろうけどさー苦情いわれるのこちらだからね。だいたい受付とか監視スタッフに「文字が読めん!」てすごく言うんだよね、言う人は。

で、対応した人たちからこちらに上がってくるの、文句が。入館者の文句だけでなく、その文句を言われたことに関して「あんたがちゃんとキャプション大きく作らないからこうなるんだよ」っていう現場からのお叱りも届くの。

わたしなんかそういうの言われたらしなしなになっちゃうからあわてて作り直すけど、人によっちゃ「だから何?」的スタンスで切り捨てる人もいるみたい。そういう人、裏での評判は最悪だったりする。

結局最後はこの仕事も人と人との関係だからねー。学芸員目指す人その辺考えてた方がいいですよ。ほんと。人から何言われようと気にしないっていうスタンス取るのもよし、仲良くやっていこうとするのもよし。

ああなんだっけ、とにかく、作り直す羽目になるから小さすぎるキャプションは作らないでちょうだい、ていう話。デザイン性に優れてても、可読性も優れてないと意味ないからね。

博物館展示論 (KS理工学専門書)

博物館展示論 (KS理工学専門書)

 
美術館・博物館の展示―理論から実践まで

美術館・博物館の展示―理論から実践まで

 

キャプション周りのことはこのあたりに詳しいかも。