学芸員という生き物について

骨折り損のくたびれもうけを地で行く生き方しかできないみたいだ

【PC】タブレットほしい

Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (第4世代)

kindle fire 7じゃダメなのだ…というか、ペンタブも欲しいなと思っていて、iPad系であればお絵描きしたりいろいろ遊べたりするのかな、ペンタブのようにと淡い期待を持っているわけですがその前に絵心とお金がないの…。

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB - Newモデル

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB - Newモデル

  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: エレクトロニクス
 

絵心はどこから手に入るのか。

小学2年生のころまでは写生大会で結構いい賞をもらえたりしていたわけだが、そこが人生のピークであった…悲しい。今からでもちょっとずつ描いたら、ちったあ上達するかなとも思うけど、どうなんだろ。

せめて調査行った時のスケッチは上手に書けるようになりたい。

「2時間で100ページの文書を校正せよ」という指示が来た

うわあ…いやもう、やめてちょうだいよこののどかな春の日に。

 

gakuge-i.hatenablog.com

 

こないだの記事と重なるけど、なんでこう、こうも段取りがあれなのかなわが職場の上の方は。やれないこともないけど、絶対ぬけが起きるし、最低2回は全体を通して見ないと絶対間違いが起きる。というかもう間違いが起きてるからどうしようもないのだけど。

あー似たような経験を過去に何回かやったなあ…写真やら原稿やら持ち寄って本を作った時もこういうことになって、執筆者の一人から怒鳴られたな。懐かしい。あの人元気なんかな今も。

結局、それもこれも上が「私たちがやらせてあげてるのよ」感が半端なくて、なんかもうめんどくさい感じなので適当に流して返した。愛想も何もないので。ほんと。

 

愛想が尽きつつある

f:id:swordfish-002:20200308154429j:plain

複数人にまたがって仕上げた企画書をまとめる作業を上の方が担当していて、実際出来上がったものを最終確認せよという指示のもと確認したら「どうしてこうなった」ばかりで大変なことになっている。というかこれほんとに提出できるのかこれ、と頭抱えたくなるレベル。まだ学部生・院生の書いたものの方ができがいい。

そりゃ複数人で書いてるのをくっつけたら表記の揺れとか書き方とかそういうのが全部違ってくるよな。それをどうにか統一するのが上の仕事のはずなんだけど、それをやらずに、最低限合わせた程度で「できました!」となっているのが今の状態。

で、確認であちこち見て行ったら数字が違うところとか、漢字の使い方がおかしいところとか、こっちは漢字表記なのにそっちはひらがな表記になっている語とか(「いただきます」と「頂きます」とか、「いきます」と「行きます」とか)。

こういうのは編集者の力量がかなり重要で、編集者を置かないのであればもう少数精鋭とか一人二人に絞って書くのが間違いないはずなんだけど、「みんなでやりましょう!」という謎の一体感を求められたうえに、「わたしたちは残業して頑張っている(からお前らも残業しろ)」というような態度だから非常に困る。

だいたい、現場のこと知らないし知る気もありませんけどわたしたちの方が上の立場にいるんですよ感バリバリ出しているから、現場のわれわれとしてはやる気もへったくれもないよね。定期的に現場に来て展覧会の様子を見てくれる人であればまだしも、そういうのすらない癖になあ。最初の担当者が熱意ある方だっただけに非常に残念でしかない。

まあ、もう、愛想は尽きつつあるので。愛着とかそういうのもなくなってきてしまった。そろそろ自身の身の振り方を考えといた方がいいかなと一人思う。

「誰も見ないよ」

トーハクや写真美術館をはじめ、各地の博物館美術館がオンラインコンテンツを急に拡充しはじめていて、どの館のコンテンツが見ていて楽しいか、とか、展示とWebとの関係性は、とかそういうのを考えている。


三田研究員が語る、特集「おひなさまと日本の人形」

やはり自分とこに収蔵品を抱えているところは強いな。勤務館もちゃんと収蔵品はあるが、積極的な公開とかそういうのは考えてないみたいだし、「誰も見ないよ」のひとことだけだった。

おいおい。

公開することに意義があるんでしょうが。

このムーブメントに乗ってチャンネル開設して見てもらえれば、収束した時期に「そういや、見に行って見ようかな」何てなるじゃないか、なんでそんな消極的なんだ、意味が分からんぞと一人息巻いてる。

誰も見ないよ。かあ。そういう発想って博物館的に致命的だよなあ。博覧会というか見世物のそれに近いのを博物館の人間が思ってるのってどうなんだろ。

ともかく、すっかり萎えてしまったのでもういいや。

とんぼの本 こんなに面白い東京国立博物館

とんぼの本 こんなに面白い東京国立博物館

  • 発売日: 2005/04/21
  • メディア: 単行本
 

【PC】Chrome + ATOKの組み合わせで起きる問題について

入力しても文字が消えたり、変換がおかしくなったり、先に入力した文字が再び出てきたりと非常に難儀しているWindowsChromeなんだけど、同じような症状を抱えてる人たちのつぶやきと対策をまとめたのがあったのでここでも掲載してみる。

でもこれ、バージョンアップのたびに設定しなきゃダメとかないよね?

togetter.com

自宅PCでブログ書こうとするとこの現象ばかり起きて作業どころじゃなかったから、この設定でうまく直れば。

一太郎2020 特別優待版

一太郎2020 特別優待版

  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: DVD-ROM